コディナのアルガンオイルの注目成分と安全性は?

じわじわと人気を集めて、最近では様々なタイプのオイルが出ているオイル美容の世界。

今回は、オーガニックオイルとして有名なコディナのアルガンオイルに迫ります。

コディナのアルガンオイルの注目成分は?

アルガンオイルというと、今やヘアケア製品にはもちろんのこと、ボディケア用品にも多く用いられるようになりましたね。

中でも、コディナのアルガンオイルは最近注目されているアルガンオイルです。成分としては、以下のような特徴があります。

若返りのビタミンとして有名なビタミンEがたっぷり!

血行を促進し、抗酸化作用が強いことでも知られるビタミンE。シミやシワの原因が「酸化」だということをご存知でしたか?アルガンオイルに豊富に含まれるビタミンEがこのエイジングサインに徹底的に対抗してくれます。アルガンオイルの産地であるモロッコの女性たちがいつまでも美肌を保てるのはこのオイルのおかげなんですね。

脂肪酸、リノール酸

加齢とともに失われる皮脂を補い、角質から水分が蒸発するのを防いで肌をふっくらと柔らかくしてくれます。

オレイン酸

脂肪酸の中で、もっとも抗酸化力が高いと言われている成分。人の皮脂にも含まれているので、肌につけるとなじみがよく、高い保湿力を発揮してくれます。肌なじみがよいので、オイルなのにベタつかないというのも特徴の一つ。

パルミチン酸

ビタミンAを安定化させる成分で、抗酸化作用によりシワができるのを抑えます。
過剰な皮脂の分泌も抑えてくれるため、ニキビ予防にも効果的。

ステアリン酸

抗酸化作用の強い不飽和脂肪酸のひとつ。
水と油を乳化させてなじませやすくする作用があり、保湿力も高い成分です。また、抗菌効果も高いので、肌を清潔に保つ効果もあります。

コディナのアルガンオイルには毒性成分は配合されている?

オイル美容が広がっていて、コスパもいいのでこれを使ってみたいという方も多い中、使う前に気になることと言えば毒性はあるのかないのか、でしょう。

コディナのアルガンオイルの全成分を見てみましょう。

アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)

とだけ書いてありました。

…100%アルガンオイルですね。アルガンオイルは何しろ植物性オイルですので、たとえばオリーブオイルが肌に合わない人がいるように、アルガンオイルが肌に合わないという人もいるとは思います。

それはもう、アレルギーのレベルになってしまいますので、「毒性」という意味でいうと「毒性はゼロ」というのが今回の結論、ということになります。

あとは、食用ではないので飲まないで下さい、ということくらいでしょうか。

他のアルガンオイルとはどう違うの?

コディナのアルガンオイルは、伝統技術で丁寧に抽出されたものです。

オーガニック製法を厳守しているメーカーだけが取得できる「ナチュール・エ・プログレ」というオーガニック認証を受けていますから、品質の保証はバッチリ。

他で出しているアルガンオイルと絶対的な差は「未精製」であるということです。無印良品でもアルガンオイル100%の商品があるのをご存知でしょうか?

無印良品の場合は化粧品用に精製されたものなので、くせのある香りはないというのが大きな差でしょう。

未精製だと、アルガンオイルの原料であるアルガンツリーの種子の香りが強く残ることと、有効成分が濃いということ、そのため、植物アレルギーを持っている人が肌に使う場合は注意が必要という特徴があります。

ただ、ヘアケア用品としても使うことができるのもアルガンオイルの特徴ですから、肌から遠い毛先につけるということであればアレルギーの心配もなく使うことができると思います。

他のブランドでも多くのアルガンオイルを発売していますが、コディナのアルガンオイルは未精製でありながら不純物を丁寧に取り除くという手間をかけているのにプチプライスということや、トライアルサイズもあるというのが嬉しいところ。

何でもとりあえずお試しできないと不安になりますよね。そういった意味でもコディナのアルガンオイルは非常にオススメできるアイテムです。